プロフィール

プロフィール抜粋

  • 1959年 仙台市青葉区生まれ
  • 仙台市立国見小学校・仙台市立第一中学校・宮城県第一女子高等学校(現 宮城県宮城第一高等学校)・宮城学院女子大学家政学科卒業
  • 1981年 仙台市に栄養士として入職、保育所などに25年勤務、その後保健福祉センターに勤務
  • 管理栄養士
  • 社民党宮城県連常任監事
  • 東北こども福祉専門学院講師
  • 自治労宮城県本部政治連盟員
  • 2011年 仙台市議会議員 当選
  • 2015年 仙台市議会議員 再選
家族
パートナー・こども3人・まご1人
血液型
A型
星座
みずがめ座
好きな言葉
「バランス」と「チャレンジ」
好きな食べ物
「ほや」「せりのおひたし」
趣味
ものづくり、みんなとおしゃべり、国分町三丁目社中(ちんどんバンド)、ヴェーリャ仙台(サンババンド)

プロフィール詳細

1959年1月31日(土)

仙台市青葉区で出生仙台市青葉区で出生。家族は父・母・2歳年上の兄。甲高い声でよく泣いていた。
一番古い記憶は、当時住んでいた塩釜市で遭遇した1960年5月のチリ地震津波。
その後、父の転勤に伴い新潟に転居。

1963年

新潟市みその幼稚園入園。日々いろいろな声色で演技をしていたそうだ。

1965年

1965年新潟市立笹口小学校入学。
その後、仙台に転居。仙台市立荒巻小学校を経て仙台市立国見小学校に転校。
国見小学校では初代の鼓笛隊(現在の小萩吹奏楽団)でトランペットを担当。
3年生から6年まで所属していた仙台少年少女合唱隊(現NHK仙台少年少女合唱隊)では合唱隊のリーダーを担っていた。
卒業アルバムでの紹介は「人を笑わせるのが好き」。

1971年

仙台市立第一中学校入学。運動が苦手だったにもかかわらず、テニス部に所属。対外試合の際、点を取った時に相手チームを笑わせるポーズが決まり、第一回戦のみ笑わせ勝ちしたのが唯一の武勇伝。中学2年の時は弁論大会でクラス代表に選ばれる。

地元民放ラジオ局のカラオケ大会で兄と一緒に出場。最優秀賞に選ばれる。

発足当時から参加していたガールスカウト宮城2団で、募金活動やキャンプで社会活動の楽しさを体験する。

1974年

宮城県第一女子高等学校(現、宮城県宮城第一高等学校)入学。
16歳の誕生日を迎えた際、献血と原動機付きバイクの免許を取り、以来バイクでの通学を開始。
放送部に所属し、日々部活動に明け暮れる。若い女性のダイエットをテーマにしたラジオ番組「乙女の祈り」がNHK杯全国高校放送コンテスト宮城県大会で最優秀賞に選ばれる。これが管理栄養士になる布石だったのかも。

1977年

宮城学院女子大学家政学科入学。実験や実習、そして放送部の活動、この頃ブラジル音楽のサンバに出会い、バンド活動も始め忙しく過ごす。
栄養士実習で行った小学校で、チームで活発に楽しく働いている調理員さんはじめ管理栄養士さんを目の当たりにし、生業として栄養士になることを決意。
卒論のテーマは「にんにく添加時におけるビタミンC含有量の変化」。卒論仲間と白衣に身を包み、一緒にビタミンCの研究でキムチと格闘する。

1981年

仙台市に栄養士として入職。保育課を皮切りに保育所栄養士としての仕事がスタート。
NHK仙台放送局によるラジオドラマ脚本コンテストに応募。保育園の先生と障がいを持っている園児の心の交流をテーマにした「どうやくべんべんかぎかった」が最優秀作に選ばれる。

1983年

管理栄養士試験合格。
学生時代から交友があった現パートナーと結婚。婚姻届を出すことで自分の名字がなくなってしまうことにいたく喪失感を味わう。
保育所での発表会では職員劇の台本を書くことに情熱を燃やす。全員職員劇では水戸黄門で風車の弥七の役を演じる。

1984年

第一子(男)誕生。10か月の育児休暇取得後、職場復帰。

1985年

保育所では子どもと一緒に調理保育に取り組む。
保育所現場での労働環境改善、女性の地位の向上を願い、仙台市職員労働組合保育所支部の役員になる。

1986年

自動二輪の免許取得。限定販売のバイク、ヤマハSRX250㏄イタリアンカラーで日々通勤をする。

1987年

第二子(女)誕生。半年ほどの育児休業取得。
サンババンドや市民活動の仲間、近所の子どもたちがいつも我が家に集まってにぎやかにご飯を食べていたり泊っていったり。家族だけで過ごすことは、この頃なかったかも。

1992年

ファミリーで浅草サンバカーニバル出場

1994年

第三子(女)誕生。4か月ほどの育児休業取得。3人とも仙台市公立保育所に預けて働き続けた。
宮城県栄養改善学会で「栄養指導媒体を用いた栄養指導の実際」を発表。

2000年

「パソコンを利用した栄養管理業務の改善」が仙台市業務改善意見提案、第5席に選ばれる。
11月には、助成金を得てノルウェーに学ぶ会のメンバーとともに男女平等が進んだ国、ノルウェーに調査交流の旅に。

2002年

仙台市保育所で使用されている栄養管理システムを仙台在住のフリーの管理栄養士と作り上げる。これまで数回のバージョンアップを重ねている。
せんだい男女共同参画財団条例研究委員として、仙台市男女共同参画推進条例の作成にかかわる。

2003年

宮城県栄養改善学会で「保育所栄養士業務における栄養管理システム作成の取り組み」を発表。

2004年

ノルウェー労働党女性局がおくる12のトレーニングコースをノルウェーに学ぶ会のメンバーとともに完全翻訳したWomen can do it!をノルウェーに学ぶ会のなかまとともに出版。
男女共同参画、民法改正、働く女性の権利、スピーチトレーニング、食育などについて執筆、講演などをこなす。

2004年

仙台市職員労働組合(自治労)副執行委員長、宮城地方労働審議会委員を担う。

2005年

保育所勤務から仙台市保健福祉センター勤務へ異動。歌って踊るインパクトのある食育活動への取り組みが後の栄養士演劇チームの結成とつながる。
11月から仙台市職員労働組合専従となる。
年末、労働組合の仲間でちんどんのバンド結成を呼び掛け年明けに発足。

2006年

「乳幼児の成長発達をふまえた食事アセスメントの取り組み~成長曲線を用いた発育測定処理ソフトの作成」を宮城県栄養改善学会で発表

2007年

仙台市議会議員選挙にチャレンジ。3554票得るも惜敗。

自治労宮城県本部副執行委員長に就く。

2008年

東北こども福祉専門学院でぬいぐるみなどの教材を使用した目でも楽しめる授業を心がけながら、小児栄養(現 こどもの食と栄養)を教えている。

2009年

フィリピンで行われたPSI(国際公務労連)アジア太平洋地域QPSワークショッに参加。公的な仕事を担っているアジアの人たちと交流。

2010年

次回こそ!と日々邁進中。

2011年

東日本大震災復興に向けて活動。

8月28日(日)投開票の仙台市議会議員選挙(青葉区選挙区)で、4812票 をいただき当選。仙台市議会議員選挙の当選証書に、全国初の戸籍名以外の通称の付記が実現。

2012年

地域で市政報告会を開催。

富山での全日本チンドンコンクールで仙台の復興をアピール。

ふたたびノルウェー王国へ。ノルウェー労働党女性局でWomen can do it! のレクチャーを受ける。

仙台市地域活動栄養士会の活動。バーラちゃんの非常食BOOK発行・冊子おひろめ会にて。

2013年

姉妹都市40周年記念、仙台市民訪問団の一員としてミンスク市(ベラルーシ共和国)の学校や事業所など訪問。

ウィズガス全国親子クッキングコンテスト宮城県大会では審査を行いました。

2014年

議会広報委員として、こども議会で発言。

男女共同参画フォーラムin嵐山「政策決定の場にもっと女性を」ではシンポジストとして仙台市の状況を話しました。

9月から経済環境常任委員会、副委員長を担っています。

2015年

3月に仙台で行われた第3回国連防災世界会議の関連事業「いま私たちは~未来につなぐ復興と防災は男女共同参画の視点で」を女性地方議員&市民団体で主催。

8月28日(日)投開票の仙台市議会議員選挙(青葉区選挙区)で、4963票 をいただき二期目の当選。選挙事務における通称使用の拡大も実現。

「自治体議員立憲ネットワーク」総会で、地方議員の皆さんと団結。



研究業績

所属学会

所属学会名
宮城県栄養改善学会
NPO法人食生態学実践フォーラム

著書

著書名 発行所名 発表年月日
ノルウェー政治界女性大躍進のヒミツ ノルウェーに学ぶ会 1999年7月9日
「平等」の先の平等~ノルウェーからの熱いエール ノルウェーに学ぶ会 2001年5月12日
リーダー/政治家をめざすすべての女性に贈る
Women can do it!
ノルウェーに学ぶ会 2004年3月30日
みんなの憲法24条(執筆者として) 明石書店 2005年5月
食の学校 東北福祉大学学生支援GPセンター 2008年8月
「平等」の先の平等 2012 ノルウェーに学ぶ会 2012年10月

論文

論文・投稿など 発表誌名 発表年月日
保育所給食3歳以上児むき献立 こどもの栄養 97年4月1日~98年3月31日
アンテナを高くして「食育」に取り組もう 栄養日本41号 1998年10月1日
栄養指導媒体「元気になった若様のはなし」 福祉栄養士10号 2000年3月31日
男女平等の先進国「ノルウェーの女性事情」 杜の都女性会議報告書 2001年3月
「保護者様」(投稿) 河北新報朝刊ティータイム 2001年10月4日
いろんな生きかたあっていい。今すぐほしい!
選択的夫婦別姓制度
杜の伝言板月刊ゆるるVol.54 2001年11月
保育所栄養士業務における
栄養管理システム作成についての取り組み
児童福祉施設
給食関係調査研究抄録
2003年3月
「休みをとって~」(投稿) 河北新報朝刊ティータイム 2003年6月10日
食育レポート「自分の食べたいもの」 こどもの栄養 2003年8月1日
食の仕事を探検する
管理栄養士・栄養士・養護教諭の先輩を訪ねて
宮城学院
「食生活論」演習報告
2003年8月1日
「食育」をすすめる実践活動ホームページ
(のびすく)子育て支援情報について
保育界9月号 2003年9月10日
保育所栄養士業務における
栄養管理システム作成の取り組みについて
仙台市地域保健福祉
研究業績集
2004年1月
STOP!憲法24条改悪キャンペーン
せんだい集会開かれる
ふぇみん 第2752号
フラッシュ
2005年3月5日
「一人ひとりの成長発達をふまえた食育をするために」~成長曲線を用いた発育測定ソフトの作成~ 自治労全国保育集会
研究発表集
2006年7月
「エル・パーク仙台」存続に向けてがんばってます! アジア女性資料センター女たちの21世紀No.47 2006年8月
高橋史朗氏が仙台市の男女共同参画推進審議会委員に 週刊金曜日第664号 2007年7月27日
「エル・ソーラ仙台」縮小に反対を! 北京JAC 123号 2008年2月1日
08'権利とくらし、平和のための女性集会シンポジウム
参加者からのひとこと
女の新聞 第966号 2008年5月25日
「エル・ソーラ仙台」市民の力で縮小案の撤回を 女の新聞第969号 2008年7月10日
エル・パーク仙台存続、でも危機続く(寄稿) ふぇみん 第2752号
ふぇみんルーム
2007年10月5日
Eco&Peace Movement 話題の問題に取り組むひとに
最先端の情報を聞く!『別姓を考える会』
月刊クーヨン2008 11月号 2008年11月
いろんな生き方あっていい~夫婦別姓という選択 杜の伝言板月刊ゆるるVol.138 2008年11月
仙台市長が県教委6人に「共学化凍結」求める手紙 週刊金曜日第737号 2009年2月6日
宮城県・男女共同参画推進課 統合で縮小か 週刊金曜日第742号 2009年3月13日
夫婦別姓誌上バトル「ついに法案提出、夫婦別姓実現で『増える離婚』『浮く5万円』」 主婦と生活社「週間女性」 2010年2月2日号
別姓を考える会
[東北で「いろんな生き方あっていい」]
ふぇみん 第2919号
インタビュー
2010年4月25日
民法改正を求める3・3決起集会 全国フェミニスト議員連盟誌AFER 2010年5月20日
選挙入場券の世帯一括送付に反対
「有権者一人ひとりに」仙台市に要望
週刊金曜日第804号 2010年6月25日
「投票所入場券は個人配布に」
仙台市選管に要望書を提出
女の新聞第1014号 2010年7月25日
虹色のはらっぱ 社団法人子ども情報研究センター機関紙はらっぱ 2010年8月
インパクトのある食育を 日本栄養士会雑誌 2011年2月
東日本大震災 私たちの体験
仙台市の避難所では
ふぇみん 第2952号 2011年4月5日
仙台の女性市議ら
当選証書への通称使用を要望
全国初の当選証書「通称」付記
週刊金曜日第863号 2011年9月16日
全国初!当選証書に通称付記実現 全国フェミニスト議員連盟誌AFER 71号 2011年11月25日
東日本大震災 私たちの体験
仙台市の避難所では
ふぇみん 第2952号 2011年4月5日
ブログつまみ食い ひぐちブログ
「あ、なんか政治やりたくなってきた」
月刊社会民主 No.679 2011年12月1日
震災・津波被害、宅地被害の対応その後 全国フェミニスト議員連盟誌AFER 73号 2012年5月26日
防災計画に女性の参画 憲法」を愛する女性ネット通信No.94 2012年9月26日
学校給食 食物アレルギー事故ゼロへ
保護者や市民、医師との連携を
社会新報 2013年9月18日
夫婦別姓認めない不当判決 社会新報 2014年5月21日
子宮頸がんワクチン積極的勧奨はすべきではない 接種者の実態調査を 社会新報 2014年7月2日
第3回国連防災世界会議in仙台 パブリックフォーラムで提言 社会新報 2015年5月13日
ブログつまみ食い ひぐちブログ
「あなたはどうして仕事をするのですか?」
月刊社会民主 No.731 2016年4月1日

資格・免許

  • 管理栄養士免許
  • 保育士
  • 中学1級、高校2級教員免許(家庭・保健)
  • 生活改良普及員